緊張しない方法 緊張しない薬

緊張しない方法として薬を使うことについて

  • 病気でもないのに薬を使うのはいいのか?
  • できることなら薬を使わずに乗り切りたい

そう考えている方もいると思います。

 

まず、病気でもないのに薬を使うことについては、薬は症状を抑えるために服用するものなので抑えたい症状、悩んでいる症状があるのなら効果的です。

 

薬は特定の症状や病気などで悩んでいる方を助けるために作られているものです。
不眠に悩む方に睡眠薬があるように、緊張に悩む方には緊張を和らげる薬があります。
何もおかしいことはありません。

 

「薬=悪いこと」ではないので心配する必要はないと思います。

 

また、薬を使わずに乗り切りたいというのは誰もが思うことだと思います。
できることなら何も使わずに上手くできるのが一番ですよね。
失敗しない自信があったり、失敗しても笑って流せるような人であれば多分薬を使う必要はないと思います。

 

後になって後悔して思い悩んでしまったり、「恥をさらした」とトラウマになるようなことであれば薬に頼った方が良いと思います。

 

また、薬に頼ろうと考えている方は過去に緊張場面でなんらかの失敗をして、少なからず心に傷を負っている人が多いと思います。スピーチや人前での発表に自信がなかったり、緊張しやすくあがり症の方も多いと思います。同じ失敗をしたくないから薬の使用を考えているのかもしれません。

 

薬は使い方さえ間違えなければあなたを助けることにもなりますし、使わずとも持っているだけでも安心感を与えてくれるものだと思います。

 

薬を持っていると「いざという時に飲む」という選択肢が増えるため安心にも繋がります。リラックスできたり、何かに寄りかかれる心の支えは緊張緩和に効果的です。

 

薬を使うことに周りがどう思うかよりも、まずは自分のことを考えて使うか使わないかを考えてみると良いと思います。それに最近は緊張対策に薬を使うという方も増えているようです。
考えてみれば当然のことですが、無理して失敗するよりも、スムーズにことを運べるなら使った方がいいのは当然のことだと思います。

 

要所要所で緊張対策として薬を飲むのは常時薬を飲むのとは違い、薬による依存症のリスクもなく、使いやすいと思います。
上手く使えば緊張対策としてあなたの力強い味方になるはずです。
極度の緊張やあがり症、スピーチや挨拶など、人前で話すことに抵抗を感じている方はぜひ試してみてください。