薬の価格を抑えたいならジェネリック>通販>病院

薬の価格を抑えたいならジェネリック>通販>病院

スピーチや挨拶、プレゼンなどをはじめ、様々な緊張場面で有効な緊張を抑える薬

 

一度利用するとその利便性の高さから緊張が強くかかるような場面では頻繁に使用するようになる方も多いと思います。

 

毎日飲むのではなく、必要なときにだけ飲む頓服であればあまり気にすることも少ないかもしれませんが、使用頻度が上がれば上がるほど気になるのはやはり薬の価格ではなないでしょうか。

 

そんな薬の価格を少しでも抑えたい方におすすめの薬の購入方法を紹介します。

 

薬を安く買うならジェネリック>通販>病院

すでに答えは出ていますが、安く買うなら、
ジェネリック医薬品>通販で先発医薬品(新薬)>病院で先発医薬品(新薬)
です。

 

ジェネリックについては「ジェネリック医薬品について」でもご紹介していますが、先発医薬品と同成分の薬のため、同様の効果が得られ、なおかつ、安価での購入が可能です。

 

そのため、最も安く、使用したい薬の効果が得られる方法になります。また、ジェネリックは日本の病院ではあまり流通していないため、ジェネリック医薬品を入手しようと思うとネット通販(個人輸入)になる場合がほとんどです。

 

次に通販か病院かですが、病院となれば交通費・診察代なども含まれ薬以外の費用もかかるため高くつく場合がほとんどです。また、薬にもよりますがインデラルの場合は薬単体で見ても病院で処方せんをもらって購入するよりも通販の方が安く購入できる傾向はあります。

 

まとめ

すでに答えは出ていますが安く購入するなら、ジェネリックの利用かネット通販(個人輸入)での購入が一番です。

 

薬の価格を抑えたいと考えている人には今現在インデラルを使用している方も多いと思います。既に先発医薬品で薬の効果を確認できているのであれば、試しにジェネリックを使ってみるのも良いと思います。

 

効果が得られなければ意味がありませんが、しっかりと同等の効果を確認できるのであればジェネリックに換えてみるのも良い選択になるかもしれません。

 

※薬の効果には個人差があるので先発医薬品とジェネリックで効果の違いを感じる方もいます。あなたに合った薬、しっかりと目的の効果が得られる薬を利用しましょう。