ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の特許が切れた後に先発医薬品の特許内容に基づき、同じ製法で製造された薬のことです。(特許期間は20〜25年)
ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ有効成分を同量含んでいて、同等の効果・効能が得られると厚生労働省から認められた医薬品のことです(国内で認可の下りていないジェネリックは国内では処方されません)。

 

先発医薬品との違い

先発医薬品との違いは基本的にありません。
ただし、飲み安さなどの改良は加えても良いことになっているため、薬によって味が異なったり、飲み方に工夫を加えることもできるようになっています。
こういった改良ができるという点はジェネリックならではメリットかもしれません。

 

ジェネリックのメリット

先発医薬品と比べ安価

これまで使われてきた先発医薬品によって薬の効果や安全性が確認できているため、開発期間が短縮でき、その分安価で販売されています。
先発医薬品の3割程度の価格で購入できるものが多いです。

 

例えば、スピーチなどの緊張を和らげるために服用する場合は毎日飲むわけではないので、ランニングコストが抑えられますが、毎日の服用を考えた場合はジェネリックの安価である点は大きなメリットになります。

先発医薬品は何十年という長い年月、数百億円という莫大な投資費用がコストとして薬の値段に反映されているのでジェネリックに比べて高いです。

 

改良

効果・効能、用法、用量は基本的に変わらず、先発医薬品よりも飲みやすくなるように薬の大きさや味、匂いの改良や保存性の向上などより使いやすく工夫されたものがあり、薬の効果は変わらずに使いやすくなっているものもあります。

 

例えば、一部の医薬品には舌下錠と呼ばれる口内で溶かして飲むタイプの薬が販売されています。水なしで飲めて、口内で溶かすため吸収されやすく素早い効き目が特徴です。
※当サイトで紹介している緊張を和らげる薬には舌下錠タイプの薬は販売されていません

 

ジェネリックの効果は確かなものなのか?

やっぱり気になるのはここだと思います。
安かろう悪かろうでは飲む意味もないですからね。
いざ飲んでみて効果が得られず恥をかいたなんてことは避けたいところです。

 

  • 安いのはいいけど本当に効くのか?
  • 安全性は大丈夫なのか?

 

ここを心配する方は多いと思います。

 

上述していますが、ジェネリック医薬品は開発にあたり、医薬品メーカにおいて様々な試験が行われており、それにより先発医薬品と効果や安全性が同等であることが証明されています。そして、先発医薬品と効果・効能が同等でなければジェネリック医薬品として販売できません。

 

そのため、効果については心配する必要はありません。

 

ただし、特許内容に基づき製造されたジェネリックであっても厳密に言えば、先発医薬品とは違う薬です。(製造会社や製造国も違います)
また、薬というのはプラセボ効果という思い込みの力も作用されやすく、先発医薬品の方が効く気がするという人は確かにいます。ここは個人差があるのでなんとも言えませんが、成分的には同じでも違いを感じる人もいるということです。

 

このように先発医薬品とジェネリックは薬の効果で言えば本来違いはないものです。しかし、先発医薬品の方が効く気がすると感じている人がいるのは確かなことです。ここは人による違いも大きいですが、自分に合った、効果をしっかりと得られる薬を選ぶことが大事です。

 

まずは、確かな効果を得られる薬であるということを大前提に薬を選ぶようにしましょう。新薬で安心だから、ジェネリックは安いからと効果を無視して選んでしまって、効果を得られなければそもそも飲む意味もなくなってしまいます。

 

おまけ:国内のジェネリック事情

例えば、当サイトでも紹介している緊張緩和が期待できる薬、インデラルは国内の病院でも処方してもらえることができます。
(医師の判断にもよりますが、どの医療機関でも事情を話せば処方してくれると思いますが、インデラルは元々が狭心症の薬であるため、場合によっては処方してもらいにくいとも言われています)
しかし、ジェネリック医薬品であるカルデノール、その他ジェネリックは日本で認可が下りていないため処方してもらうことはできません。そもそも取り扱っていないということです。

 

ジェネリック医薬品は欧米では広く普及(アメリカ90%、ヨーロッパ60〜80%)していますが、日本におけるシェアはまだ40%前後とあまり使われていません。
理由の一つに医療関係者の間では後発医薬品の品質や情報提供、安定供給に対する不安が払拭されていないことが原因と言われています。
そのため国内の病院ではジェネリックは処方されにくいと言えます。
後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について

 

病院にかかると診察代や交通費なども含めれば通販で購入するよりもかなり高くつくので、個人輸入が可能な薬についてはなるべく安く購入するなら個人輸入代行が妥当な選択かと思います。