インデラルとは?どんな薬?

【βブロッカー】インデラルとは?どんな薬?

インデラルはプラプラノロールを主成分としたβ遮断薬です。
主成分のプロプラノロールには心臓を休ませる作用があり、神経の高ぶりを抑える効果があります。

 

交感神経の興奮を抑えることで、心臓の拍動を抑制し、緊張感や不安感を取り除くことが可能です。

 

高血圧症の他、狭心症や不整脈の治療にも広く用いられている薬です。

 

国内の心療内科や精神科で処方してもらうことも可能です。
しかし、病院では処方されにくいと言われています。
(事情を話せばほとんどの場合処方してもらうことも可能だと思われます)

 

結婚式や披露宴などのスピーチや挨拶など緊張対策として使用したい場合には個人輸入・通販などで購入するのが妥当な入手方法になります。

 

インデラルの特徴

インデラルは半減期が6時間程度の作用時間が比較的短いお薬です。
効果が高い上、薬が効いている時間が短いため、様々な緊張場面で使いやすいのが特徴です。

 

すぐに緊張を和らげたい時やリラックスしたい時にすぐ作用し、すぐに効果が抜けるため副作用も出にくいです。

 

私の場合服用後30分もあれば効果を実感できています。

 

インデラルの作用機序(メカニズム)

インデラルに含まれる主成分プロプラノロールは交感神経のβ受容体とアドレナリンが結合するのを阻止する働きがあり、緊張時に起こる心臓の拍動を抑える効果があります。

 

心臓にはβ受容体という交感神経が存在しており、β受容体が刺激(アドレナリンが関与)されると心拍数が増大します。そして、緊張時に起こる心拍数の上昇は更なるあがりを生みます。

 

この時にβ受容体と分泌されたアドレナリンを遮断することで心拍数の上昇を抑えます。このような作用をする薬がβ遮断薬です。

 

心拍数を抑える働きがあるため、拍動を遅らせることで心拍数を正常に保つことができ、緊張感の更なる上昇を防ぐことができます。間接的ではありますが、脳の異常な興奮を抑えることで緊張を緩和させる働きに期待が持てます。

 

インデラル使用時の注意点と副作用について

心不全や喘息、レイノー症状のある方は使用を控えてください。
また、糖尿病の方や高齢の方は副作用が出やすくなるため注意して使用する必要があります。

 

他の薬と比べ重篤な副作用のない薬ではありますが、一部で徐脈やめまい、倦怠感、ふらつき、低血圧の症状などが報告されています。これらの症状が軽ければ心配はいりませんが、酷いときは使用を中止するなど注意するようにしてください。

 

▼▼▼個人輸入代行サイト▼▼▼