あがり症に効果的!緊張緩和に効果が高い緊張しない薬

スピーチや挨拶など人前で緊張しない方法

結婚式や披露宴会場でのスピーチは、余程スピーチ慣れしている人以外は大抵緊張してあがってしまうものです。

 

緊張しないためには場数を踏むのが一番かもしれませんが、プロ司会者でもない限りそうそう場数を踏む機会はありません。

 

新郎新婦にとっても一生に一度の経験のため非常に深く記憶に残る場面でもあります。
また、仕事で言えば会議やプレゼン、勤続年数が増えるごとに機会は多くなります。後輩も増えてきます。
学生、転職を考えている場合であれば面接でのスピーチは非常に重要な場面です。
このように様々な場面であるスピーチ、人前で話す機会、できれば緊張して失敗しないようにしたいものです。

 

ここでは、私が実際に行っている緊張対策法を紹介しています。
仕事の緊張場面でよく使う方法で、結婚式のスピーチを任されたときにも使ったことがある方法です。

 

「こうやれば緊張しない」とか「どんな内容を喋るのか」
ではなく、それら考えたスピーチ内容をしっかり実践できる状態に持っていくための方法です。

 

スピーチや挨拶などで失敗してしまう原因はほとんどが緊張によるものです。
入念に考えてきたスピーチ内容も緊張で吹き飛んでしまったり、噛み噛みになってしまったり・・・。
そういったスピーチ内容などを"しっかり実践"できるようにするための方法として緊張を抑える薬を紹介しています。

 

参考にしてみてください。

 

使う使わないの最終判断はおまかせするしかありませんが、ポケットに忍ばせておくだけでもいざという時に使えるため安心感は持てるようになると思います。最後まで読んでみてください。

 

目次

  • 緊張を抑制することができる薬
  • 薬の効果のメカニズム
  • 人前でのスピーチや挨拶時に役立つ薬
  • おすすめの購入方法は通販(個人輸入)

 

緊張を和らげることができる薬

スピーチや発表などの場面で緊張によるあがりを抑えることのできる薬が販売されています。
本来は抗不安薬・βブロッカーなどとして医療用に使われていましたが、最近は入手も容易になり、様々な場面で緊張対策として利用する人が増えています。

 

実際に私も友人の結婚式でスピーチを任されたときに使用したことがありますし、仕事でも極度の緊張をしいられる場面、大切なプレゼンや会議の場面で使うことで緊張による失敗がなくなっています。

 

ここで紹介している薬は私が実際に使い、確かな効果を実感できているもの、安心しておすすめできるものだけを紹介しています。
結婚式スピーチなど大勢の前で注目浴びながら話す、緊張の強い場面で必ず役立つものなのでよく読んで活用を検討してみてください。

 

病気でもないのに薬を使ってもいいの?

 

薬の効果のメカニズム

薬を使う上でメカニズムを正しく理解しておくと、より安心して使えるのではないかと思います。そこで当サイトでも紹介している「緊張しない薬・緊張を緩和させる薬」の効果のメカニズムを紹介します。

 

当サイトでは個人でも入手が容易な緊張対策薬としてデパスとインデラルを紹介していますが、どちらも緊張を抑えるという意味では効果がよく似ています。
詳しい作用機序(メカニズム)については個別ページで詳しく紹介しているので確認してみてください。

 


 

人前でのスピーチや挨拶時に役立つ薬

  デパス インデラル
 

デパス

インデラル

効き目の速さ

30分前後

30分〜1時間

効果の持続性

4〜6時間

4〜6時間

ジェネリック

あり(エチラーム)

あり(カルデノールなど)

緊張を和らげる効果のある薬で代表的なものはデパスインデラルがあります。
また、デパスとインデラルには「ジェネリック医薬品」と呼ばれる安価で購入できる後発の医薬品もあるのでそちらを試してみるのも良いと思います。

ジェネリック医薬品とは?

 

おすすめの購入方法はネット通販・個人輸入

当サイトで紹介している薬は緊張緩和に非常に効果の高いものですが、市販で購入することができません。
デパスやインデラルは市販薬として販売されていないため、購入するには病院を受診し、医師から処方してもらうか、ネット通販を利用し、個人輸入するしか手に入れることができません。

 

そこで私がおすすめするのが個人輸入代行サイトを利用する方法です。
個人輸入代行サイトを利用することで国内の通販サイトと同様に購入することができます。

 

「市販で売っていない薬を買って良いのか?」

 

そう心配される方もいると思います。
しかし、薬事法により、個人での使用に限り医師の処方箋がなくても購入、使用は許可されているので特に問題はありません。ただし、薬の使用は自己責任であることは変わりがないのでそこは注意してください。

 

それでも心配に思う方は病院へ受診し、医師から処方してもらうことをおすすめします。事情を説明すれば処方してくれる医師も多いです。ただし、ネット通販で購入するものと違いがない上、割高になるだけなのでそこは注意してください。
医師への相談も兼ねて行くなら病院、薬の購入目的なら個人輸入が妥当な選択ではないかなと思います。

 

実際に私はネット通販を利用してデパスやインデラルを購入しています。
薬や運送に関するトラブルも出会ったことがないので特に問題はないかと思います。

 

以下の通販サイト(個人輸入代行サイト)はどちらも実際に使ったことがあり、自信を持っておすすめできるサイトです。
基本的にはどちらを使っても問題ないですが、最近はオオサカ堂をよく使っているのでオオサカ堂をおすすめします。
特に価格的な面でもデパスやインデラルが他のサイトと比べ安く買えるのでおすすめです。

 

▼▼▼個人輸入代行サイトオオサカ堂▼▼▼

 

 

▼▼▼個人輸入代行サイトベストケンコー▼▼▼

薬の個人輸入ベストくすり